My Works, Ang-Dong

  • 575_angdong5a_dvf500na
    楠 秀男の照明具デザイン・・ シリーズAng-Dong

My Works, DIGITAL CLOUD

  • 549_digital_cloud9a_fo_4000_wg_clbna
    楠 秀男の照明具デザイン・・ シリーズDIGITAL CLOUD

My Works, Exhibitions

  • 200412016_glyjc2re
    楠 秀男の照明具デザイン・・ 展覧会風景集

My Works, Etcetra

  • 252_devil_in_my_room2a
    楠 秀男の照明具デザイン・・ シリーズEtcetra

My Works, GATEAOU

  • 392_gateaou2as_m_lbna
    楠 秀男の照明具デザイン・・シリーズGATEAOU

My Works, Japanese Bird

  • 205_japanese_bird5smmena
    楠 秀男の照明具デザイン・・ シリーズJapanese Bird

My Works,Japanese Letter

  • 215
    楠 秀男の照明具デザイン・・ シリーズJapanese Letter

My Works, October Moon

  • 809_october_moon9n8re
    楠 秀男の照明具デザイン・・ シリーズOctober Moon

My Works, H Kusunoki    ・

                   

Light designes by H Kusunoki 楠 秀男のしごとはこちら・・・

               

「ぼくのしごと」へ・・・・・

               

 ・楠 秀男 照明写真集     Photographs, H Kusunoki's  Lights             

・楠 秀男 照明ビデオ    Video, H Kusunoki's Lights (download)

楠 秀男 照明ビデオ Video, H Kusunoki's Lights-L (Quick browse)     

楠 秀男 資料集    Data, H Kusunoki's Lights

・新作

Price list

 ・CONTACT..

 

               

               

和紙照明 和紙のあかり クスノキヒデオ JAPANESE PAPER LANTERN LIGHT LIGHTING FIX HIDEO KUSUNOKI

               

               

ところで僕の居るところ

..

..

CONTACT

/// ideaK(イデアク)    楠 秀男       ideaK & Hideo Kusunoki

520-0502 滋賀県大津市南小松1594-391

mail/ ideakusunoki@gaia.eonet.ne.jp          tel,fax / 077-596-0681

Hideo Kusunoki / 1594-391Minamikomatsu, Ohtsu-shi, Shiga,ZC. 520-0502 JAPAN

Googlemapkusu1

map

大きな地図で見る

 

..

..

..

 

・・僕のいるところ・・

大きい地図で見ると、このあたり。

Photo_2

琵琶湖の西岸 ○印のところ。その上、おっぱいみたいに突き出ているところが安曇川。

その下、一番くびれたボトルネックが琵琶湖大橋。

南のほうの京都や北の敦賀まで車で約40分ぐらいで行ける。

ここは琵琶湖と西側の比良山系に挟まれたなだらかな傾斜地。その先端が雄松崎。

.

.

僕の居るところ

.

この土地にちなんだ絵がある。

Hiroshige_a_mountain_in_the_snow1

これは広重オウミハッケイの一つ比良暮雪[ひら の ぼせつ](この絵はよく見る浮世絵版画の原画のようだ。 下がその浮世絵版画 栄久堂版。

Photo_3

この絵で広重は雄松崎湖岸にいて、西側の比良山系を望むところにいるようだ。

遠景の山並は蓬莱山、近くに描かれているのは堂満岳とそのふもとか。琵琶湖の西岸からはこのあたりの最高峰武奈ヶ岳は見えない。

.

手前には当時唯一の湖岸街道を行き交う旅人。そして琵琶湖の孫みたいな小松内湖が中景に描かれている、と見た。

.

雄松崎あたりから見る凛として冷え込んだ空気の向こうに夕日に逆光で輝く雪景色の比良-比良暮雪は古来から親しまれてきた美景。

.

.

それは今も変わらない。小松内湖あたりから比良のほうを見上げるとあのときの広重の感動が今も同じ様に伝わってくる。比良の山とそこから延びる逆上がりの土地とが囲む気団を味わうことができる。

Goo3d2

3D地図で俯瞰するとこんな感じ。

.

.

琵琶湖西岸中央の小松内湖のあるところが雄松崎。右側に比良山系。

ここに夕刻うっすらの雪で比良暮雪か。

冬から初春の夕刻にはその気団は凛と冷たくて、それとは対照的に向こうの比良山に積もった春の雪には温かそうな橙色の輝きが見える。

.

.

尋常小学校唱歌にもある。

.

石山寺の秋の月

雲をさまりてかげ清し

春より先に咲く花は

比良の高ねの暮の雪

.

当時の文化の中心大津石山から遠く文化はつるところ、早春比良のほうを眺めると山頂近くには残雪が夕日を浴びて早くも花を咲かせている・・といったところか。

.

これが小学唱歌・・!

.

.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その堂満岳の山際が僕のいるところ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

.

.

1857

広重は生涯20種ほどの近江八景を出版している。こちらは近江八景比良暮雪魚栄版。縦大版で湖東のどこか山越えの街道の半ばから対岸の比良山系の雪景色を眺めているようだ。

.

.

Photo_4

そしてもう一つの比良暮雪。この絵では広重は西岸北小松あたりから近江舞子北浜の小湾をはさんだ位置から比良さんを望んでいるようだ。

Photo_5

実際の3D地図で見るとこんな感じ。

手前が北小松湖岸、左に近江舞子北浜、奥に蓬莱山、手前の山は堂満岳と北比良峠か。

ところで僕の仕事・・

 

ところで僕の仕事は・・照明具デザイナー。もちろんオリジナルで作るのでほとんど自分で作る。

             

写真は京都の結婚式場のチャペルのためのペンダントデザイン。

            

これはCG。 デザイン段階での出来上がり想像図。顧客へのプレゼンにも使う。          

Chapel363_2

             

Chapel

            

下はその完成実物写真。中心には和紙の二重スパイラルが白熱球光源を包んでいる。         

215_japanese_letter5pap_s_sp_fo1_fo

            

For_chapelc

    

 

 

そしてチャペル内部。       

チャペル建築はCN Japan 藤村 正継 氏の作。

            

総木造、縦長尺柱と大スパンの天井梁の美しい重なりとでできる大空間。 正面方向、京都鴨川からの光が「大理石のステンドグラス」から透けて、暖かい光となってほのかに室内に充満する。

            

・藤村氏は最近ラジオパーソナリティとしても活躍。 毎週月曜日 17:30~17:54 放送   
FM 79.7 京都三条ラジオカフェ 「建築カフェ」 建築番組!。   
番組ブログ http://kenchikucafe.seesaa.net/

             

215_japanese_letter5pap_s_sp_fo1a       

紙のチャペルペンダントは珍しいかも。          

写真では見えないが手前に2台、計6台のペンダントが木造の大空間に吊るされている。  

       

CG on Photoshop ムービーへ・・CGプロセスが見れます。           

    

215 JAPANESE LETTER-5PAP S SP FO1 FOR CHAPEL

             

僕の照明具たちビデオごらん下さい。

     

Light designes by H Kusunoki Over All

    

 

   

Light design for MERA HOUSE 2010 1024-768

 

   

   

194 JAPANESE BIRD 4T
・和紙照明 和紙のあかり クスノキヒデオ JAPANESE PAPER LANTERN LIGHT LIGHTING FIX HIDEO KUSUNOKI